[ネスプレッソ]おすすめ!自分でカフェラテを作ろうと思った理由(ワケ)#Nespresso #WhatElse?

どうも!みなさん、「NCISネイビー犯罪捜査班」のギブスのように毎朝コーヒー飲んでますかー?

NCISネイビー犯罪捜査班のボス、ギブスが飲んでいるコーヒーはどこのもの?

2017.07.30

コーヒー好きの私はこれまで、毎朝必ずといっていいほどタリーズコーヒースターバックスでカフェラテのLサイズ(グランデ)を調達してから会社へ出社してました。

カフェラテのミルクとほろ苦~いエスプレッソのあの感じが朝にマッチして、欠かせないほど大好きなんです。

ここ数年充実してきたコンビニのカフェラテも一通り飲んでみました。

味に不満はないけど、どうしても気になっていたのがそのカフェラテの「量」

カフェラテの量が少ないんです。

コンビニやカフェを出てからフタを開けてスリーブを覗き込んだものです。

クレマ(泡)でなんとな~く多く見えるだけで、実際の量が少ないよな~ってため息をついたことも。

カフェラテの量が圧倒的に少ない。

私にとっては。

 

そう、私にとってはカフェラテの量が足りていなくって。たくさん飲みたいのです(しかし、朝から同時に2杯は持てぬw)。

払った約400円分だけの量(※個人差あり)が飲みたいなーといつも思ってきました。

PRONTO(プロント)でカフェラテのLLサイズを買ったとき、

カップの高さに対して並々入っていたことがあって、嬉しかったけど毎回ではなかった。

そんなこんなで、カフェラテの量にちょっぴり不満をいだきながらも美味しく飲んでいた。

マリア
そう、カフェを批判しているわけではないです。毎回本当においしくいただいておりましたので
カルロス
僕はブラック派だけどね。って聞いてない?

自分でつくっちゃう?カフェラテ

A post shared by Nespresso (@nespresso) on


カフェで専門マシンを使ってカフェラテを作ってくれる店員さんの背中を見ていてふと。

「そのマシンで自分でたんまりいれることができたら、一杯に対して500円以上でもいいから払うかも」と思っている自分がいた。

自分でたんまり入れたいという思いに加え、以下のような思いも芽生えていた。

カフェラテを美味しく飲みたい

  カフェラテの量にこだわりたい(ミルク多め)

  多少放置しても温かいまま飲み続けたい<海外ドラマに熱中するあまり、カフェラテが冷めちゃってることが時々あるw

  好きなだけ飲みたい(もはや願望w)

このように、箇条書きにできるほど自分のニーズが明確になっていたことに驚いた(笑)

立ち寄ったコンビニでヒントを得る



そんな思いの中、コーヒーと全く関係ない用事でコンビニへ。普通におにぎりとか買いに行っただけだった。

自然とドリップコーヒーのコーナーに目がいってしまう。

そのさらに横に並べられていたドルチェグストのカプセルも手に取ってみた。

ほお?コーヒーを自分でつくれるの?

いいじゃん。ナニコレ。

カプセルはコンビニで買えるとして、マシンはどこで手に入れられるの?

マリア
あ、そういえばあちこちで「マシン無料でカプセル定期購入サービス」みたいなのをなんとなく見かけるけどそれ?
カルロス
なるほど~。自分で作っちゃえば、好きな量も日によって調整できちゃうし、飲み残しもなしだね。


いいじゃん。

ドルチェグスト、そしてネスプレッソと出会う

A post shared by Nespresso (@nespresso) on



コーヒーマシン色々見比べているうちに、ドルチェグストとバリスタとネスプレッソを混在して認識していたことに気づいた。

この3つはネスレから販売されてるマシンだけど、特徴が全然違うんだね。

ってういかバリスタはティーも入れられるじゃん!!いいね。

私が思うドルチェグスト、バリスタ、ネスプレッソの違い


【カジュアル】ネスレから販売されているドルチェグストはドルチェと名乗ってるだけにおいしそう。

【カジュアル】ネスレから販売されているバリスタはどこかプロフェッショナルな雰囲気がする名前でテンション上がりそう。

【ハイクラス】ネスプレッソから販売されているネスプレッソマシンは高級路線なのだろうなと思った。

Nespresso(ネスプレッソ)は名前から想像するとエスプレッソ専用マシーンなのかなぁと思ってたけど、

エスプレッソももちろんのこと、カフェラテもマッキャートもアイスコーヒーとかも普通に作れるじゃん!

カフェ店員にならないと自分でカフェラテを入れることができないのかなと思っていたし、

初期投資が高そうだと思い込んでた。約1万円でコーヒーマシンが買えるなら、私に買わない理由がないです。

カフェ店員の背中を見ながら思っていた「カフェラテをたんまり飲みたい」という夢は意外と身近なものだったってことだ。

なんで今まで気づかなかったんだろう。思い込みって怖い。

ネスプレッソのマシン「エッセンサミニ」を購入

A post shared by Nespresso (@nespresso) on



ドルチェグスト、バリスタ、そしてNespresso(ネスプレッソ)の3つからいろいろ比較して、Nespresso(ネスプレッソ)のエッセンサミニに決めた。

エッセンサミニに決めた理由は基本3つ。

  1. 赤い色がかわいかったから
  2.  なんてったってコンパクト。そして仕様がシンプルだからビギナー向きだと思った。
  3. あのジョージクルーニーがブランドアンバサダー

なんてったってコンパクト

赤という色が気に入ったからなのと、「Nespresso(ネスプレッソ)史上最小」のキャッチフレーズが目に留まってね。

それに加えて、我が家は狭いのでスペースをとらないミニサイズがマストだと考えていた。

エッセンサミニは新製品!(2018年4月現在)なので、何かの選択に迷ったら新製品を買うのが一番だと思ってます(※個人差あり)。

あのジョージクルーニーがブランドアンバサダー

もう一つ、Nespresso(ネスプレッソ)のエッセンサミニに決めた理由は、渋いジョージクルーニーがNespresso(ネスプレッソ)を入れるときの動画を見てワクワクしたから。

そう、忘れてはならないのは、海外ドラマ「ER緊急救命室 」で色男医師を演じたジョージクルーニーがブランドアンバサダーをしているということ!

海外ドラマブロガーとしてはここをスルーしてドルチェグストやバリスタに興味が向きません。まずはジョージにロックオンです。


【ネスプレッソ公式動画より】

ジョージよりもNespresso(ネスプレッソ)コーヒーを選ぶ美女たちが素敵。

私ならどうするんだろう。ジョージもNespresso(ネスプレッソ)コーヒーも良い(笑)

ネスプレッソのレシピ動画がスタイリッシュ&おいしそう

A post shared by Nespresso (@nespresso) on



そして実は理由がもうひとつ。Nespresso(ネスプレッソ)のレシピ動画がスタイリッシュ&美味しそうだったから。

クレマ(泡)たっぷりのカフェラテを自分でいれるという行為自体、私にとってとっても気分が上がるのです。

永遠にグルグルかき混ぜてもふわふわのまま。決して自分で作れないクレマ(泡)ですもの(笑)

 

ボタンを一回押すと、コーヒーマシンがブーンといいながらエスプレッソを作ってくれる。そして自分でミルクを加えて完成。

ミルクの量はカプセルや気分によって若干変えているけどそれもその日の気分で決められるからストレスフリー!!!

面倒くさがりな性格の私もワンタッチでできるのが一番だし、毎日飲むから、1カプセルが100円もしないというコスパの高さも気に入っているところ。

 

この動画を見て、まさかのカフェモカにもチャレンジすることになった自分にも驚き。

はい、これを見て作りました。


ネスプレッソのカプセルとチョコレートのかけらを1個あればできちゃう。しかも何杯でも飲める。

カフェで買うカフェモカはもちろん美味しいけれど、カロリーが高そう。

ネスプレッソで自分で作るカフェモカなら「チョコがひとかけら入ってるんだな」ってわかるので、カロリー的にどこか安心。

ネスプレッソでラテアートもつくれる?

ラテアートにはまだチャレンジしてないけど、ハートを作ってみたいね。動画で見るほど簡単なことじゃないけどね、きっと(笑)


ネスプレッソマシンを買ってから変わったこと



いまでは、朝に一杯、夜に作業をしていて気分を変えたい場合は2杯。

そのうちの1杯か2杯をデカフェカプセル(美味しい)に変えればカフェインの過剰摂取もおさえられることもうれしい誤算でした。

なんでもっと早く買わなかったんだろう、と後悔した。
損していた分、Nespresso(ネスプレッソ)を思いっきり楽しんでます。

次回はカプセルに関してと、エッセンサミニを使った感想を書いていきたいと思います。

なつかしいER緊急救命室 も置いておきます。

Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

南米のペルー生まれ・沖縄育ち。幼少の頃にアメリカのテレビシリーズ「特攻野郎A-TEAM」を見て育つ。4歳の頃の夢が警察官だったほどアメリカの刑事ドラマが好き(FBI、CIA、LAPD、NYPD)。このブログでは海外ドラマのロケ地レポをはじめ、海外ドラマに関する記事をアップ中。フルタイムの仕事とアメリカのオンライン大学も受講中なのであわただしい毎日を送っていますが楽しくやってます。