[只今3期目]オンライン大学「University of the People(ユニバーシティ・オブ・ザ・ピープル)」の受講について思うこと

今回は、私が通っている大学の話をひとつ。

「University of the People(ユニバーシティ・オブ・ザ・ピープル)」の基本情報に関する記事は後日書くつもりです。現時点で該当大学を知らない方にとっては少々説明不足に感じられるかと思います。

2017年から通っているアメリカのオンライン大学「University of the People(ユニバーシティ・オブ・ザ・ピープル)」でfoundationコースを受講中です。

今回が3期目だが、今回の「Management Principles」が過去の2コースと結構違うというか、良い意味で対応が違うのかなって感じました。

説明をいろいろとはぶくが、過去の2コースは必須コースで、英語ネイティブじゃない人はまず、英語のコースを受けて試験をパスしなければならない。

めでたくパスすれば、次の期で必須コースである「オンライン学習の基礎(名称仮)」でオンライン受講の成功のために必要なタイムマネージメントだったり、学ぶ環境の確保やモチベーションのキープ方法(それはつまりゴール設定がクリアか、ということ)などを学ぶ。

そして今回私が選んだコースは、経営学コースを見据えての「Management Principles」。

実は、前回のコースのインストラクターからの学習的フィードバックがほぼなく、スコアをつけて終わりだったり、注意事項をちょっと補足として書いてくれるだけだったことに物足りなさを感じていた。

でも今回の「Management Principles」のインストラクターは素晴らしく違っていて、毎週何かしらのアナウンス(こうするといいよ、的な)をクラスのみんなにしてくれる。前回のほぼ放置といえる状態が今回ないことに驚いたし、同時にとても感謝している自分がいる。

「Management Principles」を含め、コースのスコアはとても大事になってくる。

大学を卒業した後も成績として残るため、就職などの機会でオープンになる場合、成績が低いと不利になるだけでなく一生残る。

実はそういう懸念点もあることを教えてくれたのは、アドバイザーの人に相談した時だった。大学側から同時に2コース受講するように設定されていて、仕事との両立がいよいよ無理になった時に相談したところ、「パフォーマンスが低い成績はずっと残るので、ここま無理せず1コースに絞ることもできるし、条件が合えばペナルティもないよ」と教えてもらった。

その時は「Management Principles」も同時に受講していたので、こちらの方を次の期に受ける手続きをとった。物理的にもだけど政倫的にもだいぶ楽になった!!

そして今期は「Management Principles」を再度頑張ってるというわけです。今回のインストラクターは献身的で、ケアが行き届いている。日本の「手取り足取り」ではないものの、じゅうぶんすぎる配慮がなされている。

これがこのインストラクターの裁量で決めて実行しているのか、それともこの「Management Principles」のインストラクター全員がこのようなガイドをしているのかは定かではないんだけど、前期で「Management Principles」を半分受講した際に、当時のインストラクターはここまで熱心な人ではなかったことは覚えている。

受講する内容は同じだし、課題の内容は同じ。違うのはやはりインストラクターの説明方法をフォローアップの内容と頻度だってことはわかる。

インストラクターはみなボランティアで行っているのに、この差ってすごいなというか…。

日本の大学に通ったことがないから比較はできないけど、キャンパスもないこの大学はオンラインでのやりとりのみ。キャンパスで声をかけられることも、電話がかかってくることもない(笑)だからこそ、今回のインストラクターのようなフォローは個人的に合っていると思う。

コースとクラスによってインストラクターが代わるから、今期は恩返しをするつもりで頑張ります。

現在の自分のパフォーマンスがベストだとは言えない。

ケアレスミスを防ぐことや課題の質問の内容をしっかりと読み込むこと、必要文字数を満たすこと、そしてリストスタイルではなくストーリースタイルで文の構成を組み立てることを意識して取り組むこと。

何よりも、睡眠を削って夜中に課題に取り組むことを一番避けたいところ。

必須科目が「オンライン学習の基礎(名称仮)」である理由が痛いほど身に染みてきています。

初心を忘れるべからずってことで、(走り書きですが)記事にしてみました。

それではまた

 

About University Of The People | University of the People

AboutLearn more about University of the People, its leadership, partners and donors. Learn how we connect, and why we have earned worldwide recognition.

 

Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

南米のペルー生まれ・沖縄育ち。幼少の頃にアメリカのテレビシリーズ「特攻野郎A-TEAM」を見て育つ。4歳の頃の夢が警察官だったほどアメリカの刑事ドラマが好き(FBI、CIA、LAPD、NYPD)。このブログでは海外ドラマのロケ地レポをはじめ、海外ドラマに関する記事をアップ中。フルタイムの仕事とアメリカのオンライン大学も受講中なのであわただしい毎日を送っていますが楽しくやってます。