実はコレをやってみたかった!「効率的に長文を書く方法」

この記事を最初から最後まで読み飛ばさずに読み進んでくれるとわかります

ある日、キングコング西野さんのLINEブログを読んだんです。確か8月12日付のブログで、タイトルが「効率的に長文を書く方法」というもの。

最初は何気なく読み進めていたんだけど、後にすごーくすごーく驚くことになったんですよね。

読んでいくと、西野さんは毎日何かしらを書いていて、1日に平均5,000文字程度だとか。

まぁ、ここまでは「そうなんだね」程度で特別な感想はさほどなかったけれど、その日のブログは一筆書きでした。

というかだいたいが一筆書きで書き上げ、例え駄作でもツラツラと書いているらしい。しかも「どう書き終えるか」なんて考えずに、ただひたすら書いて流れに任せるんですって。

1日に平均5,000文字を書いていたらそりゃ~要領よく書けちゃったりするらしいんですよ。

え?一筆書きしまくったら文章を書くスピードが速くなるのかって?スムーズかって?それは試してみないとわからないよね。

今書いているこの記事も、実は一筆書きです。

でも考えてみたら私も毎日何かを書いているわけです。それがブログじゃなくてもツイートやメールの返信だったり、海の向こうにいる相手へのLINEメッセージだったり、友達のFacebook投稿に対するコメントだったりね。

もちろん、ブログの記事の下書きをちょこちょこアップデートしながら「いつ公開しようかな」と考えて何日か寝かせてみたりもする。「どれぐらい仕上げれば公開できるかな」などと考えながらタイミングを見計らっていることも少なくないかな。

あ、そうそう。最近はオンライン大学の英語コースを受講しているのです。そう、仕事もブログも勉強もしていますよ~。

毎週水曜日に課題を提出して、翌日の木曜日に新しい課題が与えられるというタイトなスケジュール!本当に大変だけど、数年前から受講したかったオンライン大学のコースなので、疲労もさることながらワクワク、という気持ちの方が上回っているので苦になりません。

首凝りがかなりのものになってきたけど(笑)

そのオンライン大学はアメリカの大学なので全てが英語です。オリエンテーションも問題も課題の内容も私が書く内容も全て英語です。

エッセイを読んで感想を書く課題の時にはGoogle Translateを駆使。難しい内容だな、と思ったら簡易翻訳ツールにかけて概要を把握してからオリジナルの英文を読んでいくと、だいぶ効率がいいことが最近わかってきたのは地味に嬉しい。

コツがつかめてくると提出の締め切り日に慌てることなく、大好きな海外ドラマを数エピソード見れちゃうしね!

最近はドラマ版の「スリーピー・ホロウ」にプチハマり中。メインキャラのイカボットが相棒のアビー警部補(lieutenant / ルーテナント)のことをイギリス訛りで「レフテナント」と頻繁に呼ぶところがツボでね(笑)

実際の俳優さんのセリフはやっぱりいい。だから字幕派をホントおすすめしたい!

最近はイカボットの「レフテナント!」発言を聞かないとどこか寂しい気持ちになってしまって、どうしたもんかと思う今日この頃。

あ、話がそれた。え?一筆書きしまくったら文章を書くスピードが速くなるのかって?スムーズかって?それは試してみないとわからないよね。

今書いているこの記事も、実は一筆書きです。

でも考えてみたら私も毎日何かを書いているわけです。それがブログじゃなくてもツイートやメールの返信だったり、海の向こうにいる相手へのLINEメッセージだったり、友達のFacebook投稿に対するコメントだったりね。

もちろん、ブログの記事の下書きをちょこちょこアップデートしながら「いつ公開しようかな」と考えて何日か寝かせてみたりもする。「どれぐらい仕上げれば公開できるかな」などと考えながらタイミングを見計らっていることも少なくないかな。

そしてこの辺りで「公開」ボタンをポチッと。

さて、今回の『西野式』一筆書き、いかがだったでしょうか?いつもより文字の装飾と見出しがついていないのも、一筆書きだからなのです。

種明かしは8月12日のキングコング西野さんのブログへGO。↓から直でいけます。

この人天才だわ。

「スリーピー・ホロウ」のシーズン1~3をAmazonビデオで見ちゃおう

いまならシーズン4がHuluのリアルタイム配信で見れちゃう

Hulu(フールー)の海外ドラマ関連ページ一覧:(Huluのページへ移動します)
海外ドラマページへ
リアルタイム配信ページへ
見逃し配信ページへ
Huluのログイン画面へ

これはもはや映画だ。首なし騎士がどこまでも追いかけてくる「スリーピー・ホロウ」シーズン1レビューとロケ地情報 #SleepyHollow

2017.09.20

Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

南米のペルー生まれ・沖縄育ち。幼少の頃にアメリカのテレビシリーズ「特攻野郎A-TEAM」を見て育つ。4歳の頃の夢が警察官だったほどアメリカの刑事ドラマが好き(FBI、CIA、LAPD、NYPD)。このブログでは海外ドラマのロケ地レポをはじめ、海外ドラマに関する記事をアップ中。フルタイムの仕事とアメリカのオンライン大学も受講中なのであわただしい毎日を送っていますが楽しくやってます。