コナン・オブライエンってどんな人?そしてコナンがワンダーウーマンのガル・ガドットと戦った結果 #TeamCoco

どうも。「コナン」ファンの私です。

アメリカの名司会者であり脚本家、コメディアンでもある、コナン・オブライエンの良さを伝えたい!と強く思ってる私です。

え?探偵コナンは知ってるけど私が話してる赤毛がトレードマークのコナンを知らない?そりゃ大変だ!

CONANさん(@teamcoco)がシェアした投稿


コナン・オブライエンってどんな人?

コナン・オブライエンは日本の芸能人に例えると知名度は明石家さんま、ダウンタウンレベルでしょう。コナンのウイキペディアにも記載がありますが、本人が番組司会者を務める以外は、テレビドラマやアニメ、映画には役柄ではなくコナン「本人」として出演していることが圧倒的に多い。ストーリーの中に「コナン」として登場しているのだ。それほどの国民的知名度のある人。

コナンが2016年に韓国へ行った際の空港での歓迎っぷりがすごかった。絶頂期のOne Direction(ワンダイレクション)かと思ったw

アイドル並みの熱狂のため、再生時には音のボリュームに注意  

CONANさん(@teamcoco)がシェアした投稿


コナン・オブライエンのプロフィール

コナンの代表的な経歴をざっとまとめました。

アメリカのトーク番組「サタデー・ナイト・ライブ」司会(1988–1991)

 アメリカのトーク番組「レイト・ナイト・ウィズ・コナン・オブライエン」司会(1993–2009)

 アメリカのトーク番組「ザ・トゥナイト・ショー・ウィズ・コナン・オブライエン」司会(2009–2010)

 アメリカのトーク番組「CONAN(コナン)」司会(2010年‐現在)←いまココ

 アニメ「ザ・シンプソンズ(The Simpsons)」の脚本、エグゼクティヴ・プロデューサー(1991‐現在は不定期)

2列目の中央にいるのが当時の若かりし頃のコナン。若ーい。

null

null


日本語版ウイキペディア:コナン・オブライエン

コナン・オブライエンを好きになったきっかけ

2012年頃、アメリカ滞在時にテレビでコナンの番組を観たのがきっかけ。時期的に考えると現在も続いている「CONAN」だったと思う。

番組のオープニングでコナンのスピーチを見て「何この人かっこいい。私もこういう風になりたい」と思った感じでした。番組の冒頭でオーディエンスから拍手で迎えられてさっそうと登場するあの感じがなんともカッコよく、私にはヒーローのように映ったのだと思う。

CONANさん(@teamcoco)がシェアした投稿



実はペルーの司会者、ハイメ・ベイリーも好きだった時期があったっけどコナンほどのヒーロー感が自分の中で芽生えなかったなぁ。

コナン・オブライエンの好きなところ

たくさんあるなー。というか全部好きなんだけどなー。とびっきりの好きなところを4つ書き出してみた。

発言と行動がぶっ飛んでる

全く物怖じしない全力で体を張る。少年のように振る舞ったかと思えば的確な発言をしてアメリカ国民を代弁もする

例えばアメリカとキューバ、アメリカとメキシコの橋渡し役として自分の番組で積極的に取り上げている。実際に海を渡って、現地の人たちに対して愛をもったコミュニケーションをとるのが特徴。

コナンが少々やり過ぎても相手は笑うか言い返してこない。言い返されても最後は笑いごととして丸く収まるのだ。

ええ、非常にチャーミングな人柄である。

↓の動画はニューヨークのチャイニーズレストランのデリバリーを体験した時のもの。電話注文を受けるや否や「行かなきゃいけないからもう切るね。君の注文は受け付けてないままになってるから、じゃ!」とやりたい放題です(笑)

CONANさん(@teamcoco)がシェアした投稿


変な真顔

笑っちゃいけないけど笑っちゃう。番組でゲストから変なことを言われたりした時の「スン」とした表情が本当におかしくて私は笑っちゃう(笑)。

CONANさん(@teamcoco)がシェアした投稿


バカになれる賢さを持っている

ハーバード大学を首席で卒業しただけでなく、IQ(知能指数)がなんと160の持ち主(一般人は85~115。130以上は極めて優秀とされる)。

意見を求められることの多いコナンは「何を言うべきか」「オーディエンスは何を期待しているか」を事前に悟り、重々把握した上で持論を展開。

一見おバカなことをやったりするけど(やってることは実際おバカだけどw)、ゲストとの会話の中でも彼が賢いというところは伝わってくるというか、そこはやっぱりさすがだなと思う。

なんだかんだでスタッフ思い

ロサンゼルスにあるワーナー・ブラザーススタジオ内にプロダクション・カンパニー「Team COCO(チームココ)」を構えるコナン。

マリアンヌ
コナンがまだ「The Tonight Show」の司会をやっていた頃に、ハリウッド俳優のトム・ハンクスがコナンにつけたニックネームが「ココ」でした

ちなみにコナンのファンも「Team COCO(チームココ)」と呼ばれているので、私もチームココです

おっと、話がそれましたので戻します。

ある年のクリスマスシーズンにコナンが「今年は僕がシークレット・サンタとなってスタッフを驚かせる」と企み、事務所のある女子(アシュリー)のデスクへ。そしてアシュリーの好きなものを探し当てようと彼女が不在の中でデスクまわりを荒らしてしまう(笑)

それでもちゃんと収穫をゲット。アシュリーのデスクに「ジョン・ハム」の切り抜きが貼ってあるのを見逃さなかった。そしてサプリもw。ジョン・ハムは海外ドラマ「マッドメン」の主演を務めた人気俳優!

A post shared by Edgar Wright (@edgarwright) on


何かがひらめいたコナンは後日、番組の収録中にアシュリーを呼び出した。

「君はどうやらジョン・ハムが好きなようだね。これを飾ってくれよ」と渡したのは額に入ったジョン・ハムの写真!

アシュリーが喜んでいたところに「あー、でもサインをもらうの忘れちゃったな。ジョーン!ちょっと来てくれるか?」と叫んだ。

Σ(゚Д゚;エーッ!

そしてジョン・ハムが登場!!

ななななんとー!!!!

ジョンとアシュリーはハグをして、額にサインをしてくれたよ~。もちろん大感激のアシュリー。よかったね!

「実は9分前にジョンに連絡したんだ。近くにいなかったからヘリコプターで来てもらったよ」とコナン(笑)

っていうかジョン・ハムちょー素敵だったんですけど!!!!←ちょっと好き

Secret Santa Conan Blows His Staffer’s Mind

Watch CONAN @ http://teamcoco.com/video. Conan O’Brien decides to join the staff Secret Santa exchange – and blows one employee’s mind — with a little help from Jon Hamm.


コナン・オブライエンのエンターテインメントスタイル(芸風)

この赤毛で長身(193センチ!)のおじさんのエンターテインメントスタイルは実に自由奔放。50代前半なのに全然落ち着きがないしするつもりもないというw。そんな感じだからゲストからちょっとディスられたりするw

基本なんでもやる。ロケもするし海も渡る。とにかく全力で体当たりする。

コナン、「ワンダー・ウーマン(Wonder Woman)」のGal Gadotと戦う?

2017年8月の日本上映が待ち遠しい「ワンダー・ウーマン(Wonder Woman)」。そんなワンダーウーマンを演じる美しき勇者、イスラエル出身のガル・ガドット(Gal Gadot)をコナンがワーナーブラザーズスタジオの倉庫に呼び出した時の動画を日本語訳とともに紹介。

Conan Works Out With Wonder Woman Gal Gadot – CONAN on TBS

Gal Gadot trained for six months to play Wonder Woman. Conan thinks he can do it in about 35 minutes. More CONAN @ http://teamcoco.com/video Team Coco is the official YouTube channel of late night host Conan O’Brien, CONAN on TBS & TeamCoco.com.


ワンダー・ウーマンになるために6か月のトレーニングをしてきたガルに対して、コナンは「僕はたった35分あれば出来るさ」と自信満々に宣言。

「俺の美しい体を見よ!」とドヤ顔でジャケットを脱ぎ捨てたコナンだったが、「脚が非常に弱い。太ももがまるで無い」とガルに言われてコナンの目が点に。そしてスン顔w

現場に来ていたガルのトレーナーのルダに同じ質問をしても「僕はガルと同意見だよ、脚が弱い」と言われてコナンが「こんな失礼な人たちは初めてだ!」と怒り心頭。

ガルと同じポーズをしているのにかっこよくキマらないコナン

「この胸筋と長い手足がどれだけすごいか見せてやる!」ということで、ルダから教わった基礎のキックをコナンがやってみせるがどうもキマならない。それを見ていたガルが思わず「ふふっ」と笑ってしまい、それを聞き逃さなかったコナンが空かさず反応w。

しびれを切らしたコナンは練習用のマネキンを床に倒してオリジナルの戦い方をルダにして見せつけてみた。「これがボストンのやり方だ!」と叫んだけどそこはロサンゼルスですよw

ここまで見てもなんのこっちゃーって感じですね(笑)

マリアンヌ
はい、私はこの解説が楽しいですw

殺陣にチャレンジしてガル・ガドットに褒められるコナン

ガルの美貌に見とれつつ、いいところを見せられていないと思ったコナンは、今度は剣を使ってガルと殺陣(たて)にチャレンジ。ガルとルダの指導の甲斐あって、なんとか形になってきたコナン。キックのところはキマらなかったが、殺陣(たて)ではなかなかの出来にガルも「やるじゃない!」と絶賛

それを聞いたコナンはドヤ顔で「ちっちっち、ワンダー・ウーマンよ、まだまだねっ!」と言い放って剣を振りかざした次の瞬間、ガルの可愛い反撃にコナンは思わず笑ってしまった。

これまでの練習に手ごたえを感じたコナンはルダに「俺はもう準備万端だと思うけど意見を聞かせてくれ」と聞いてみるけど「いや全然」とまたもや軽くあしらわれたw

「力強くもあるけどなんか自分が可愛い気もしてきた」

そんなルダの意見をスルーする形で、コナンはワンダー・ウーマン風の小道具を装着。「なんだか既に力がみなぎってきたよ」とコナンはパワー全開とノリノリ!「力強くもあるけどなんか可愛い気もしてきた」ともw どんな感情だよw

↓のようなアーム。


本格的な道具を使って改めてガルと殺陣(たて)にチャレンジ。さすがワンダーウーマン!一瞬の隙も許しません。さきほどのやりとりは茶番だったかのよう!

専用のアームを装着して銃弾などを跳ねのけることができると聞いたコナンは、独特のやり方でなんとかカッコよく決めようと、ワーナーブラザーズスタジオのすご腕クリエイティブチームの力を借りてカッコいいエフェクトを加えてもらって上機嫌。

コナン、ボディースーツをまとって再度挑む

自分の体に酔いしれるコナンだが、ガルの気を引くことができないままなので、スーパーヒーローのようなボディースーツを着て再登場してみた。その姿に驚いたガルは「脚もガッシリしてて強そうね」と感想を述べてみるが、心外だと思ったコナンは「初見でまずそこ?」と突っ込んだ。ガルにとって、脚は重要なようです(笑)

「このボディースーツと着ていれば映画に出たりとか、チャンスあるかな?」というコナンの無茶な質問に対して正直なガルは言葉に詰まる。そこでコナンは「いいわね、と言っていたかのように後から編集して繋いでもいいよ」と交渉。「え、ええ」と困惑しながらガルからの承諾をなんとか取り付けたw

ガルかわいー!

なんとかガルの気を引こうと試みたコナンだが、35分でハートを射止めることはできなかったようです。

でも最後は仲直り♪

CONANさん(@teamcoco)がシェアした投稿


どこでコナン・オブライエン会えるの?

深夜のトーク番組「CONAN(コナン)」は毎週月曜~木曜の午後にワーナーブラザーズスタジオで収録が行われます(通称:テーピング)。下のサイトよりオンラインで行きたい日に事前にエントリー(ソールドアウトになっていたらエントリー不可)。テーピングへ行けることになったら後日にTeam COCOからメールが届く、という流れ。

Conan Free Tickets Request

Get free tickets to see Conan O’Brien’s TBS show “Conan” tape live at Warner Brothers Studios in Burbank, California.


まとめ

コナン・オブライエンのキャリアは実に24年。降板、不評や批判、アンチ、ストーカーなど紆余曲折だったテレビ人生。

それでもなお冠番組を持ち続け、発言の自由アメリカで言いたい放題でも、どこか本質をついているところはやはり賢いからできることだと思います。

私はコナンの番組収録に行ったことがありますがコナンのオーラはやっぱり凄かった。人を魅了し、エンターテインメントを届けるその姿はヒーローのようでした。ワンダーウーマンのガルには響かなかったけれど(笑)

今回はコナンの変な行動を多く取り上げたので次回はIQ160らしいところに注目した記事を書いていきたいと思います。

「ワンダーウーマン」も超楽しみ!


 

Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

南米のペルー生まれ・沖縄育ち。幼少の頃にアメリカのテレビシリーズ「特攻野郎A-TEAM」を見て育つ。4歳の頃の夢が警察官だったほどアメリカの刑事ドラマが好き(FBI、CIA、LAPD、NYPD)。このブログでは海外ドラマのロケ地レポをはじめ、海外ドラマに関する記事をアップ中。フルタイムの仕事とアメリカのオンライン大学も受講中なのであわただしい毎日を送っていますが楽しくやってます。