[共感100%] 海外ドラマ「LOOKING(ルッキング)」名言集‐パトリックが本気になった瞬間‐

『LOOKING(ルッキング)』シーズン2の全10話がHuluで配信開始されましたね!
2017年6月現在で毎週金曜に新エピソード追加していくとのこと。

待ってたー!

Looking/ルッキング

【Huluプレミア/シーズン2 (全10話) 毎週金曜 新エピソード追加】 パトリック、アグスティン、ドムは、サンフランシスコに住む30代の仲良し3人組。彼らは、新世代のゲイ男性に開かれた、めくるめく新しい世界にある様々な選択肢を模索している。現代のサンフランシスコで生活し、そして恋愛する彼らのありのままの姿を本作では描く。パトリック (ジョナサン・グロフ) …

美しく愛おしい男たちの愛の物語の続きが見れるのだからそれは嬉しい。

今回はちょっとした名言を紹介。

『なんで上手くいかないんだろう』、『せっかく夢を手に入れたのにどこか物足りない』

あなたもパトリックのように一度はこんな気持ちになったことがあるはず。

「僕らが目指してる自分になれないのは…努力が足りないのかも」

I don’t know if  either of us are very good at being who we think we are.maybe we need to try a little harder.

 

エピソード3:「閲覧履歴に注意」(←そういうタイトルです)

具体的シーン:仕事で新しいチームに選抜されずに落ち込んでいたパトリック。元ルームメイトと励ましあっていた時に出た言葉。「なんで僕は選ばれないのか。努力が足りないんじゃないか。」自分の努力次第でどうにでもなるし、して見せると思いなおした瞬間。

なぜ名言か:「仕事漬けばかりは嫌だ。人生も楽しみたい」。そう思うパトリックは現在のゲームの仕事が昔からの夢だったことを再度思い出す。

仕事もプライベートも両立できることを証明しようと仕事に真剣に向き合うシーンは別人のようだったところが良い!。

前半の可愛いパトリックはどこへやら。パトリックの意識が変わった瞬間がたくましくて好きです。

意識が変われば行動も変わる。

そして結果も。

パトリックはその後、上司に「新プロジェクトに僕は不可欠だ」と直談判して見事プロジェクトメンバーになることができました。

…というか最初からプロジェクトメンバーだった、という軽めのオチがついてますけど(笑)

何はともあれ、行動した者にはチャンスがやってくるということだけは確かだし共感100%!

感想

「LOOKING(ルッキング)」を見ると、いつも切ない気持ちになってしまう。パトリックやドン、アウグスティンがひたむきに生きる姿が切なく、私にはどこか美しく映ります。

そして「夢」は子供のためのものではない。

大人こそ「夢」を「現実」に変えられる力と知恵がある。だから「まずは実行すること」が全てだと私は思ってます

「LOOKING(ルッキング)」を見たらまたサンフランシスコ行きたくなっちゃった。夏に行くかも。

Lookingさん(@lookinghbo)がシェアした投稿

[2017年]海外のテレビシリーズにゲイの役が増えたことについて私が思う前向きなこと

2017.05.22

海外ドラマ「LOOKING」に出てくる「ペリペリチキン」を探しに品川にあるロサンゼル スバルコニーへ行ってきた

2017.04.29

LOOKING (ルッキング)シーズン1 の感想&見るときの3つの心得

2017.02.02

ロケ地#03[Orphan Andy's]LOOKING(ルッキング)

2016.09.10
Hulu(フールー)の海外ドラマ関連ページ一覧:(Huluのページへ移動します)
海外ドラマページへ
リアルタイム配信ページへ
見逃し配信ページへ
Huluのログイン画面へ

Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

南米のペルー生まれ・沖縄育ち。幼少の頃にアメリカのテレビシリーズ「特攻野郎A-TEAM」を見て育つ。4歳の頃の夢が警察官だったほどアメリカの刑事ドラマが好き(FBI、CIA、LAPD、NYPD)。このブログでは海外ドラマのロケ地レポをはじめ、海外ドラマに関する記事をアップ中。