LOOKING (ルッキング)シーズン1 の感想&見るときの3つの心得

楽しみにしていた「LOOKING(ルッキング/2014年)」のシーズン1をHuluで見終わりましたので感想などをまとめてみました。

この海外ドラマはこんなあなたにおすすめしたい

サンフランシスコへ行ったことがある

ゲイの世界にさほど抵抗がない

キュンとしたい

Looking on Twitter

Are you into our look? Snag our #Looking @Twitter cover photo:

おおまかなあらすじ

笑顔と眼差しがとても可愛らしい、ゲーム会社で働く主人公のパトリック(Patrick)。
大学を卒業してからパトリックと一緒にルームシェアをしているアーティスト志望のアウグスティン(Augustin)。
40歳を目前にして自分のレストランを開くことを夢見るドム(Dom)。

この3人を中心に美しいサンフランシスコを舞台にゲイの日常と恋愛が描かれていきます。

ヒゲキャラが多くて最初は誰が誰かわからなくなりますがだんだん区別がついてきます(笑)

tv.com on Twitter

Looking, HBO’s newest dramedy, premieres Sunday. In a nutshell: it’s really, really good. http://t.co/grFr8RH6CQ

パトリックから目が離せない

パトリックは、友人たちがパートナーを見つけて幸せになっていくのを祝福しつつ「いつか自分も」とデート相手を探してみるが上手くいかない毎日が続いていた。「合わないなら無理するのをやめよう」と言われたり、本能のまま声を掛け合って相手の反応を見てみたりとやりとりがどこかリアル。

恋愛体質のパトリックは恋のアンテナが常にON。正直過ぎる行動や言動にこちらがつい「傷ついて欲しくない」って思ってしまう愛おしいキャラクター。でもパトリックよ、全然うまくいかないじゃないかー!

「ちょっとしたこと」でも相手は悟るのだよ。ちょっとした体のことや認識をクリアしていくことで関係が深まっていく、というストーリー展開に気持ちがもっていかれます。繊細ながらもそれぞれが真っすぐ向き合う姿に釘付けです。

どこか中途半端なアウグスティン

すっかり「自称アーティスト」となってしまったアウグスティン。自分に才能があるのかないのかを見いだせないままアートの世界に身を置き続ける。見かねたボーイフレンドがサポートをするも価値観のズレが生じていく切ない関係。

昔のトラウマから抜け出せだそうとするドム

昔、ボーイフレンドを献身的に支えたが、金銭的トラブルでこじれで疎遠に。長年に渡る心のモヤモヤがとれないドム。未練たらたらの中、元ボーフレンドに連絡をしてみる。

好きなだけじゃダメな時がある

シーズン1の最後でパトリックは愛する人の前で涙を流した。その時にもらい泣きしてしまった。
「僕は本気でこの恋に飛び込みたいんだ。でもパトリックにはまだ無理なんだよね」

お互いの覚悟が必要な恋で、でもまだ踏み出せない。こんなに好きなのに。

パトリックの瞳が正直過ぎてこちらに伝わってくるからなお切ない。

Looking on Twitter

Grab your man. A new episode of #Looking starts now. @russelltovey #JonathanGroff

結局、キスしちゃう件

彼氏がいてもいなくても、まずは唇を重ねてみるのがルールなのかなって思うほど目に飛び込んできます。え?今?みたいなタイミングとかもあったりして(笑)
それもまた素敵なんだけどね!

このドラマのみどころ

日本にゲイ文化がまだ根付いていない中でHuluが配信を開始したことが素晴らしく、ちょっと思い切った感もあるのかなとも思う。
私はゲイの街と言われているサンフランシスコのカストロ地区へ行きました。とても平和的で、お互い支えあっている印象を受けて「また行きたい」と思える大好きな街のひとつになりました。

東京の新宿二丁目よりも住宅街だったりもするので、このドラマのような光景を日本で見る日が近いのかもしれません。

Looking on Twitter

Looking for BTS commentary from #Looking? The Looking Book is available for pre-order now: https://t.co/eBGwTRlI8A

キャストは実際ゲイなのか

パトリック役の、ジョナサン(Jonathan Groff) 、ドム役のマーレイ(Murray Bartlett) 、ケヴィン役のラッセル(Russell Tovey) はゲイだと公表しています。
アウグスティン役のフランキー(Frankie J. Alvarez/2013年に結婚)、リッチー役ラウール(Raúl Castillo)、リン役のスコット(Scott Bakula)はストレートです。

この6人はドラマの設定上がゲイのため、ストレートなフランキーとラウールは「この場面ではどうするの?」などと質問をしていたそうです。

LOOKING THE MOVIEが2016年7月23日に映画化

LOOKINGが映画化です!ドラマで愛されたキャラクター達が戻ってきます♪こちらも見なければ♪

Looking on Twitter

We’ve all fallen in love with these characters.” The cast of #Looking says farewell to the @HBO series.

はじめてLOOKINGを見るあなたへの心得

キスシーンが多い

キス以上のシーンも多い(人が多いところで見ない方がおすすめ)

見終わった後に恋がしたくなるかもしれない

とにかくキスのシーンが多め。抑えられない気持ちが爆発してキスのオンパレードです。

え?いま?みたいなタイミングとか、あります(笑)そんな彼らの恋の行方の見てるこちらがドキドキ。

でもなんだろ、男女の恋愛と変わらないなぁとも思いました。それほど素敵でした。

Looking on Twitter

This city has embraced us. We love it here.” – The cast of #Looking on making the show in San Fran @Film_SF

Hulu独占配信です

LOOKINGが気になったあなたは今すぐHuluへ登録して観ちゃいましょう♪

Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

南米のペルー生まれ・沖縄育ち。幼少の頃にアメリカのテレビシリーズ「特攻野郎A-TEAM」を見て育つ。4歳の頃の夢が警察官だったほどアメリカの刑事ドラマが好き(FBI、CIA、LAPD、NYPD)。このブログでは海外ドラマのロケ地レポをはじめ、海外ドラマに関する記事をアップ中。フルタイムの仕事とアメリカのオンライン大学も受講中なのであわただしい毎日を送っていますが楽しくやってます。