海外ドラマで活躍する愛すべき俳優たち[Simon Pegg(サイモン・ペッグ)]

ああ、悔いが残る。サイモン・ペッグのSNSをチェックしていたはずなのに完全見逃していた。

サイモンのツイッターを見て来日することを知ったんだけど、来日の2日前でした。

Pegg News on Twitter

Team Pegg is heading out to Japan tomorrow for the final leg of the #StarTrekBeyond press tour. Excited to say konichiwa to Tokyo. 🇯🇵

スタートレットのジャパンプレミアで来日とか予想してなかったー!!!最近の私はマット・デイモンにくびったけでした。だからって「サイモンが来日すること」を見逃すとかマジ考えられない・・・

悔いしかない。そして昨日、このツイートを発見。

Pegg News on Twitter

The end of an EPIC press tour for #StarTrekBeyond. Thanks to everyone who supported our film. Live long and prosper. Much love and respect🖖🏼

まぶしい…まぶしすぎる。この人もまたビッグになっちゃったなほんと。

サイモン・ペッグとの出会いは「ショーン・オフ・ザ・デッド」

2004年にイギリスのパロディー映画「ショーン・オフ・ザ・デッド」でサイモンの存在を知り、私だけでなくB級映画のオタクたち(特にゾンビ好き)の心をわしづかみにしました。

イギリスのエドガーライト監督が自分の作品(映画/ドラマ)にサイモン・ペッグを多く起用したことでオタクからの認知が高まりました。エドガーライト監督は同じ俳優を起用することが多く、エドガーライトファミリーみたいな感じになって、見ていて本当に楽しい。

イギリスのテレビドラマ「Spaced」を見ると「この人も出てる!あーあの人も!」という風に懐かしい友人と再会した気分になる。

Pegg News on Twitter

Happy 17th!

サイモンはその代表格。舞台やテレビドラマに出演しつつ、脚本も手掛けて活躍の場を広げていったのですが、スタートレックのオタクとしてもファンに認知されていました。

そんなサイモンが「ミッションインポッシブル」でベンジー役としての出演が決まった時は驚いたし、映画館で見ましたが見ててハラハラしました。プロなんだからちゃんと好演していたけど親心的な?目線で見ていた(笑)

しかもイギリス人のサイモンがアメリカ英語に挑戦していて新鮮でした。かなり練習して臨んだ撮影だったようです。いま思えばそのころから「いよいよ(売れるぞ)感」が出ていたよね。

「ミッションインポッシブル」を観た後にパンフレットを買ってウキウキ気分で見たらサイモンのことが1つも記載がなかった、という悲しいオチつきでした。

そんなサイモンが「ミッションインポッシブル」の続編にも出演し、さらにスタートレックの脚本と出演というダブルスコアのキャリアを手に入れたなんて本当に驚き。

ハリウッドスターの仲間入りをしたことを認めざるを得ないこの状況に、わたくしはまだ少々困惑しております。(これって娘を嫁に出す父の心境のような感じでしょうか)「ぼくらのサイモン」から「みんなのサイモン」になってしまったのだから。

数年前、「Hot Fuzz」の日本上映予定がなくて署名運動により上映が決定したということから考えても、サイモンがここまで有名になったのは本当にすごい。

当時はイギリスから取り寄せた本作品のDVDは今も大事にとってあります。それでももちろん、渋谷の映画館へ行って観に行きました。なつかしー

ツイッターのサイモンの笑顔が全てを物語っているよ。本当によかったねサイモン。これこそ「叶えたかった夢」だね。ほんと嬉しい。おめでとう!そして来年はイギリスへ行くから!

ってその前に映画館でスタートレック見るぞ!サイモンを知らなかったあなたも、知ることでハッピーになれる。そんな俳優さんです。こんな海外ドラマの歩き方も、いいですよね☆

Pegg News on Twitter

Thank you to everybody who came out to see Simon, JJ and Justin last night. A fantastic evening in Tokyo. Live long and prosper Otaku!🖖🏼🖖🏼🖖🏼

 

Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

南米のペルー生まれ・沖縄育ち。幼少の頃にアメリカのテレビシリーズ「特攻野郎A-TEAM」を見て育つ。4歳の頃の夢が警察官だったほどアメリカの刑事ドラマが好き(FBI、CIA、LAPD、NYPD)。このブログでは海外ドラマのロケ地レポをはじめ、海外ドラマに関する記事をアップ中。フルタイムの仕事とアメリカのオンライン大学も受講中なのであわただしい毎日を送っていますが楽しくやってます。