私が愛するおすすめの海外ドラマ[SHERLOCK(シャーロック)]

秋なのに気まぐれな天気のせいで着るものに困っています(笑)あなたの住んでいる地域はどうですか?

住む地域→住むストリート=ベイカーストリート?(baker street)

ベイカーストリートはあの物語の舞台ですね。はい、今回はSHERLOCK(シャーロック)でございます。あの有名なコンビ「シャーロック・ホームズとジョン・ワトソン」とはひと味違うシャーロックのお話です。

ここで取り上げるのは、イギリスのBBC制作ドラマ SHERLOCK(シャーロック)です。もうね、私の中の古き好きシャーロック像をぶっ壊してくれました。

embed_sherlock

2010年にはじまったこのシリーズも今年で6年目を迎えます。そして2017年にシーズン4がはじまります!BBCのSHERLOCK(シャーロック)は原作を元にしているものの、舞台は私達がまさに生きている現在、21世紀です。普通にiphoneが登場するし、インターネットを使っての事件解決もしちゃう。

テクノロジーを手に入れたシャーロックの解決スピードがさらに早くなった分、エモーショナル(感動的な)な映像のおかげで映画を見ているような錯覚に陥ります。

演出として多く取り入れているモーショングラフィックスが大きなポイント。メールのテキストがポンと飛び出したり、頭の中の考えが吹き出しになったり。頭の回転がはやすぎるシャーロックの頭の中を再現するとこうなるのかも(笑)
ここまでの作り込みやスケールだと、通常のテレビドラマの尺におさまるはずもなく1時間以上のエピソードが多いです。

シーズン4が決定

シーズン4が決定したとはいえ、総エピソード数はシーズン1から数えても10前後。そしてもう1つの見どころは原作からおなじみの人間嫌いなシャーロックと困惑させられっぱなしのジョンの友情。いやいや一緒にいたジョンも徐々に事件解決に協力的になり、シャーロックに対して、友情が芽生えていきます。愛情ともとれるシーンが度々出てくるため、まわりが勘違いしてしまいジョンが「俺はゲイじゃねぇ!」と何度も否定するパターンが出来上がっていく(笑)
シーズン2のエピソード1でジョンがシャーロックとの事件簿をブログに書き残している姿が映っていて、その後も度々登場するんだけどなんと、そのブログが実在するのです!

The blog of Dr. John. H. Watson

We’d just returned from a quiet, civilised evening in the pub when our latest client arrived at Baker Street. She was a nurse. And, apparently, she’d been out for dinner. With a ghost. Read More

 

これが実際の映像のスクリーンショット:


Copyright:BBC

ストーリーの展開がサスペンスだったり、天敵モリアーティの企み方がホラーだったりと本当に目が離せないドラマ。シーズン2のファイナルエピソードなんて、迷宮入りしそうなサイコスリラー並みのヤバさ!シーズン3まで期間が空いていたので相当ヤキモチした!

最初は知名度のなかったふたりでした

あ、そうそう。この主役のお二人。シャーロック演じるベネディクト・カンバーバッチとワトソン演じるマーティン・フリーマン。
ベネディクト・カンバーバッチはこのドラマに出演するまではさほど知名度がなかったそうです。対してマーティン・フリーマンは映画「ホビット 思いがけない冒険 (字幕版) – 」にビルボ・バギンズ役として出演。マーティンってば、テレビドラマ「The Office(イギリス版)」と映画「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン! (字幕版) – 」にも出ているではないか!!
キャラクター設定が違うと案外気づかないものだね

余談

このシーズン2のエピソード1の中盤でシャーロックの肉体美を見ることができます。ベネディクト・カンバーバッチ氏の完璧なボディーに目がまんまるになりました。わお!

こんな海外ドラマの歩き方もいいですね☆

 

 

Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

南米のペルー生まれ・沖縄育ち。幼少の頃にアメリカのテレビシリーズ「特攻野郎A-TEAM」を見て育つ。4歳の頃の夢が警察官だったほどアメリカの刑事ドラマが好き(FBI、CIA、LAPD、NYPD)。このブログでは海外ドラマのロケ地レポをはじめ、海外ドラマに関する記事をアップ中。フルタイムの仕事とアメリカのオンライン大学も受講中なのであわただしい毎日を送っていますが楽しくやってます。