クローザー(The Closer)ブレンダの大好物「ディン・ドン(DING DONGS)」食レポ

ディンドンの外箱

アメリカの海外ドラマ「ザ・クローザー」に登場する、主人公ブレンダの大好物であるディン・ドンを食レポ!

The Closer on Twitter

Did you wish @kyrasedgwick aka Miss Brenda Leigh happy birthday yesterday? Send your wishes to her here now!

撮影場所と同じロサンゼルスでこれを書いておりますよ。今回は気合が違います(笑)

ディン・ドンはHOSTESSというアメリカのお菓子メーカーから販売されています。私はこのお菓子メーカーのファン。すごいのは2度の倒産にもかかわらず必ず再生するというダルマ的なところ。しかも日本へ輸入していないのでアメリカへ行くたびに必ず何かしら買って食べてます。それでは食レポ、さっそくいきましょ〜!

まずは箱の外観をじっくりと

はい、これがディン・ドンの箱です。この箱のデザインといったらもう…ディン・ドンが踊ってますね(笑)10個入り。つまりシアワセが10個も詰まっているということ。夢が膨らみますね(少々興奮気味)

image-9b0ad.jpeg

はい。横から見るとこんな感じです。なんか立派ですね。

image-95f38.jpeg

さっそく箱から取り出してみると…?

あらま!キュートな袋に入っているではないか!

image-2bc5a.jpeg

キュートな袋から取り出してみました

チョコレートで完全にコーティングされてますね。チョコレートの中にドボンと入れた感じでしょうか。製造工程が気になります!(工場見学してるかな?あとで調べてみようっと)

image-3bb33.jpeg

一口かじってみました

そして一口かじってみました(見苦しくてすみません)。優雅にナイフで切る状況にいなかったもので(どこ)。お。中にクリームらしきものが!マシュマロのような…日本にいるあなたのためにわかりやすく表現すると…

エンゼルパイみたいな食感と味です。

決してチョコパイではございません。

ザ・アメリカのお菓子のイメージは「甘ったるくて食えるか!」だと思いますが、これは甘さ控えめ。

image-bad24.jpeg

ちなみにドラマではブレンダはこうやって、アルミホイルに包んで持ち歩いていました。

IMG_1932.JPG

え?ええ。

帰国後にアルミホイルに包んで写真におさめましたよ(笑)

まとめ

思ったよりも小ぶりなディン・ドン。ブレンダがパクパク食べちゃう気持ちがわかった気がします。実はいまロス滞在中で、この食レポをはやくアップしたくて(笑)こんな海外ドラマの歩き方も、ありですね☆

 

Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

南米のペルー生まれ・沖縄育ち。幼少の頃にアメリカのテレビシリーズ「特攻野郎A-TEAM」を見て育つ。4歳の頃の夢が警察官だったほどアメリカの刑事ドラマが好き(FBI、CIA、LAPD、NYPD)。このブログでは海外ドラマのロケ地レポをはじめ、海外ドラマに関する記事をアップ中。フルタイムの仕事とアメリカのオンライン大学も受講中なのであわただしい毎日を送っていますが楽しくやってます。