キーファー・サザーランドの最新ドラマ「サバイバーDesignated Survivor」

数週間前にアメリカへ行った時に「Designated Survivor」という看板を目にしました。何このかっこいい看板。なにごと?(そして雲ひとつない空!)

よく見たらき・・・キーファー・サザーランドじゃないかー!

キーファーを見るといまだに「24」のジャック・バウアー(Jack Bauer)というイメージが拭えない私は大興奮。一体何事かと早速調べてみたところ、2016年9月21日より本国アメリカでスタートする新しいドラマでした。マジか。見たいじゃん。ということで、米ABCの公式予告編をどうぞ。

Designated Survivor – Official Trailer

Emmy- and Golden Globe-winning actor Kiefer Sutherland (“24”) returns to primetime in a conspiracy thriller as Tom Kirkman, a lower-level cabinet member who unexpectedly becomes president after a devastating attack on Washington. He will struggle to prevent the country and his own family from falling into chaos, as he is thrust into one of the most difficult presidencies in history.

一言でいうと「ある議員が瞬時にしてアメリカ合衆国の大統領になっちゃった」ですかね。ある議員=トム・カークマン議員(キーファー)予告編のパーカー姿がまさに「え?マジ?今から?」感を醸し出してて最高。個人的に、キーファー・サザーランドってホワイトハウス絡みのドラマが似合うと思う。

もうね、ジャック・バウアーとパーマー大統領をセットで覚えちゃってるからね(笑)「こういうの好きだわ〜」と思って気になってさらに調べたらなんと。。このドラマのパイロット版の監督は、私の大好きなイギリスの海外ドラマ「SHERLOCK」のフィルムメーカー(監督)、ポール・マクギガン(Paul McGuigan)が手がけているではないかー!そりゃストライクだわ。さすがです。

それはそうと、タイトルのDesignated Survivorってどういう意味だろう?国のトップである大統領を含む重要人たちに何かあった時に備えて、ホワイトハウスが機能しなくなるのを防ぐために、リーダー候補となる人物、みたいなものかな。アメリカ大国ならではの法律なのかも。

(例えになるかわかりませんが)企業の重役達をあえて別々の飛行機に乗せることでどちらかの飛行機が墜落しても、企業のリーダーが全滅することがないという「リスク回避」に近いのかな。

このドラマ、ジャック・バウアーばりのアクションがあるかどうかはまだ不明ですが、はやい段階で日本でも見れてしまうらしいです。「サバイバー: 宿命の大統領」というタイトルでNetflixで見れる日が近いらしいぞ。ヤバイね!日本での配信が開始されたら当ブログでも大々的に取り上げます!頑張れ、我らがキーファー!ホワイトハウスをまた救ってね!

Designated Survivor on Twitter

America has spoken. Fall’s #1 new show, #DesignatedSurvivor, is all-new TONIGHT at 10|9c on ABC. https://t.co/o02eTTc5AI

 

Sponsored Link

ABOUTこの記事をかいた人

南米のペルー生まれ・沖縄育ち。幼少の頃にアメリカのテレビシリーズ「特攻野郎A-TEAM」を見て育つ。4歳の頃の夢が警察官だったほどアメリカの刑事ドラマが好き(FBI、CIA、LAPD、NYPD)。このブログでは海外ドラマのロケ地レポをはじめ、海外ドラマに関する記事をアップ中。